デラジャンプ大会ルール

出場条件・チーム構成

カテゴリー

・混合部門:年齢制限なし
・ジュニア部門:〜小学6年生
・U-19部門:中学1年生〜高校3年生
・大学1年生部門:大学1年生
・大学生部門:大学生
・OPEN部門:年齢制限なし

チーム構成に関する注意事項

・メンバー構成がカテゴリーを跨ぐ場合、最高年齢のメンバーが該当するカテゴリーにエントリーする。
・メンバー構成において性別・人数は自由
・同部門内にて、メンバーが他チームと重複してのエントリーは不可とする。

禁止事項

下記項目に該当すると実行委員会及審査員が判断した場合出場停止及失格とする。

・大会準備や運営の著しい妨げとなる行為を行った場合
・利用施設のルールを守らなかった場合
・他のチームの競技を意図的に妨げる行為を行った場合
・公序良俗に反する行為を行った場合。
・空中で2回宙を行う等、無謀なアクロバットを行った場合
・観客に危害が及ぶ行為を行った場合
・演技後に舞台上の清掃が必要となる行為を行った場合
・火気を使用した場合(火、クラッカー等)

確認事項

・パフォーマンス中にロープが破損した場合は、数チーム後に1度だけパフォーマンスをやり直すことができる
・パフォーマンス中にこれ以上演技させることが”危険”と判断された場合は、演技中に関係なく音源を停止し、パフォーマンスと中止し失格とする。この場合、中止後に再度演技を行うことは出来ない
・演技本番中に何かしらのトラブルで事前に提出していた音源と異なった音源が流れる(音飛び、雑音が紛れる等も含む)ことがあった場合、チーム代表者が音源トラブルを確認した時点で挙手しさらに演技を中止し「再演技」を申請することができる。最低10分空けた後に再度演技を行う。この場合やり直しを行った方のの得点を採用する。
・卑猥な、もしくは汚い言葉が使われている音源は使用しない様に注意すること

パフォーマンスルール

競技内容

チームメンバー全員で、音楽に合わせて創作ダブルダッチパフォーマンスを行い、技術力・表現力・構成力・独創力・完成度を競い合う。パフォーマンス時間については、混合部門は5分以内、その他の部門は3分以内とする。

開始・終了の合図

パフォーマンス開始方法には板付音先がある。
板付:ステージ上に待機してから音楽を流し、パフォーマンスを開始
音先:音楽を先に流してからステージ上に登場し、パフォーマンスを開始

ロープ

ステージを傷つけないロープであれば特に指定はない。

衣装

公序良俗に反しない衣装を着用すること。
本番用衣装を必ず事前に着用して安全性を確認すること

音楽

・パフォーマンス要音源は編集効果(フェードアウトやエコー)で終わる音も含めて規定時間内に編集してMP3形式で事前に運営に提出する。
・提出方法などの詳細はエントリー手続き中にチーム代表者へ連絡する。
・競技開始後の音源トラブルに関しては大会ルール「確認事項」を参照

ステージ

ステージの広さは以下の通りです。
奥行:7.2m × 幅12m

アクロバット技

デラジャンプではアクロバット技を次のように定義する
体操競技・ブレイクダンス・サーカスとうで行われている宙返りをする技や、脚以外のぶいを使用してジャンプを行う技(プッシュアップ、ドンキー、シフト等)のこと。2人組みで行う組技も含む
・アクロバット技を行う場合は、専門家から安全な練習方法を学び、安全に計画的に練習すること。
・アクロバット技を行い、助走、踏切、宙返り、着地などにおいて余裕がなく、審査員全員が危険と判断した場合は順位に関係なく失格とする。
*大会ルール「確認事項」を参照

愛知県ダブルダッチ協会